本当に喜ばれるマジックショーなら、マジックファクトリーへ

 

 
 
 
 
 

 名作コミック待望の舞台化!三又又三 総合プロデュース  
 竜馬と武市と以蔵の青春グラフィティー

ジャパンエレベーターサービスPresents  マッチョドラゴン×グワィニャオン
 
「お~い!竜馬」青春篇 ザ・ファイナル 2008年11月12日~16日シアターサンモール

 

お~い!竜馬

 

 

「お~い!竜馬」とは

故司馬遼太郎氏の大作「竜馬がゆく」をベースに、武田鉄矢氏が竜馬の幼少時代にスポットを当ててストーリーを創り上げ、漫画家・小山ゆう氏が作画した名作。
週刊「サンデー」誌上に86年から96年まで連載される。
コミックスは全23巻あり、全国の小学校が、図書館に貯蔵。
93年から94年にかけて、NHK総合テレビでアニメ化されている。全34話。

 

舞台「お~い!竜馬」青春篇とは

三又又三(オフィス北野)が竜馬を愛するキャストや関係各所に交渉を重ね、待望の舞台化が実現!
脚色・演出には西村太佑(小山ゆう氏に認められ抜擢。グワィニャオン主催)、ナレーションに高嶋政伸。
出演に主演の三又又三(オフィス北野)、バイキングの松谷賢示・荒木良明(吉本クリエイティブエージェンシー)
宮川賢(劇団ビタミン大使「ABC」主宰)、小出由華(芸映)など、豪華キャスト陣が共演。

 

ジャパンエレベーターサービスPresents  「お~い!竜馬」青春篇 ザ・ファイナル 概要

2008年11月12日(水)~16日(日) 7公演
新宿シアターサンモール
 

原 作  武田鉄矢
作 画 小山ゆう
脚色・演出 西村太佑(グワィニャオン)
総合プロデュース 三又又三(オフィス北野)

 

出演 三又又三(オフィス北野)、西村太佑(グワィニャオン)、小出由華(芸映)、
    松谷賢示(吉本クリエイティブエージェンシー)、荒木良明(吉本クリエイティブエージェンシー)、
    宮川賢(劇団ビタミン大使「ABC」)、山本栄治(ぱれっと)、島根さだよし(SMA NEET Project)、
    小川輝晃(ピンズクラブ)、田中章(三木プロダクション)、
    功刀富士彦(吉本クリエイティブエージェンシー)、タカギマコト(オスカープロモーション)
    つんつん(劇団ビタミン大使「ABC」)、川本俊一(クリアアップ)、若山愛美(JMO)ほか


ナレーション 高嶋政伸(東宝芸能)

イメージソング 「オレの歌」(コロムビアミュージックエンタテインメント) 
歌・マキタ学級 (オフィス北野)
 

スタッフ 

舞台監督・美術 吉田慎一
音響 TAISHI
音楽 秦修
照明  桜かおり
衣裳 渡辺利江子(グワィニャオン)
制作協力 吉野礼

 
 制作 マジックファクトリー
 

特別協賛 ジャパンエレベーターサービス㈱

協賛  abGroup、㈱オサムフーズ、シュートボクシング協会、サンエスセキュリティー㈱
      

 

 

貧しくて、名もなくそれでも懸命に生きる青春は美しく尊いものです。
竜馬はそんな若者が好きだったようです。
今、竜馬は「お~い!竜馬」を演じるこの若者たちが、一番好きなようです。

                                         武田鉄矢

 

 

 

「お~い!竜馬」は、『激動の幕末に名を刻んだ志士達も、現代に生まれたならば、
ごく身近な若者達であった筈だ』という思いで描き上げた。
今、この舞台「お~い!竜馬」を、ぜひ観に来て欲しい!
そこには、紛れも無い、現代の熱き志士達がいる!

                                                                                   小山ゆう

 
 
ホームページ作り方